探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

おしりにできたニキビ跡の治し方と効果的な市販薬の選び方は?

おしりや顔のニキビや跡に、悩んでいる方は多いと思います。

突然現れる痛みやかゆみを伴う大きなニキビは、その存在だけでも気になりますよね。

ニキビには市販薬で治るものもあれば、なかなか治らないものがあります。

今回は、おしりニキビの原因と症状や、痛い、かゆいなどの症状の対処法をご紹介します。

また、おしりのニキビが家庭で治らない場合の、皮膚科医が教える治し方もご紹介します。

おしりの大きいニキビの原因と症状は?

おしりの大きなニキビの原因や症状はいくつかの要因によって引き起こされることがあります。

以下に一般的な原因と症状を示しますが、個々の症状や状況は個人によって異なる場合があります。

(原因)

①毛穴の詰まり

・・・おしりの皮膚の毛穴が詰まることで、皮脂や汚れが溜まりやすくなり、ニキビが発生する可能性があります。

②摩擦

・・・服や下着との摩擦が繰り返されることで、おしりの皮膚が刺激され、炎症が引き起こされることがあります。

特にピチピチの下着やストッキング、パンツなどが摩擦による刺激を起こし、皮膚の角質が厚くなることでターンオーバーが乱れ、ニキビを発生させます。

アクネ菌感染

・・・ニキビを引き起こすアクネ菌などの細菌が繁殖し、感染が広がることがあります。

赤いブツブツや黄ニキビが発生したりします。

④ホルモンバランスの変化

・・・ホルモンの変化がニキビの発生を促すことがあります。

特に思春期や生理周期の影響を受けやすいです。

(症状)

①大きな腫れたニキビ

・・・おしりの皮膚表面に、大きな腫れたニキビが現れることがあります。

②痛み

・・・ニキビが炎症を起こすと、触れるだけで痛みを感じることがあります。

③かゆみ

・・・ニキビの周囲が、かゆくなることがあります。

④発赤

・・・ ニキビが炎症を起こすと、周囲の皮膚が赤くなることがあります。

⑤膿

・・・ニキビが成熟する過程で膿がたまることがあります。

⑥黒ずみ

・・・ニキビ跡が服などの摩擦や刺激により黒ずみとなることがあります。

大きなおしりのニキビが続く場合は、専門家である皮膚科医に相談し、適切な診断と治療を受けることが大切です。

おしりのニキビが痛い、かゆい!市販薬から専門治療までの対処法は?

おしりのニキビが痛いやかゆいとき、適切な対処法を以下に示します。

ただし、症状が重篤である場合や自己処理が効果をもたらさない場合は、必ず皮膚科など医師に相談することをお勧めします。

(痛い、かゆい場合の対処法)

①優しい洗浄

・・・おしりを優しく洗うことで、汚れや皮脂を取り除きます。

しかし、強すぎるこすり洗いは炎症を悪化させることがあるので注意が必要です。

刺激の少ない石鹸や洗浄剤を使用し、やさしく洗いましょう。

②温水コンプレス

・・・炎症を鎮めるために、温水コンプレスを行うことが役立ちます。

清潔な布を温かい水で湿らせ、おしりに数分間当ててみてください。

これにより、痛みやかゆみが軽減されることがあります。

③市販薬の使用

・・・市販のニキビ用クリームやジェルを使用することで、炎症を軽減し、ニキビの治癒を助けることができます。

抗炎症作用を持つステロイドと二次的な再婚感染を防ぐ、抗生物質が配合されているのが特徴ですが、使用前にラベルの指示をよく読んでください。

④ 指で触れない

・・・ニキビを触らないようにしましょう。

無理に潰すことや引っ張ることは炎症を悪化させる可能性があります。

また、清潔な手で触れることも重要です。

⑤服装の注意

・・・摩擦を減らすため、柔らかい素材の下着や服を選ぶことが大切です。

また、過度な摩擦を避けるために、タイトな服や硬い素材の服は避けるようにしましょう。

⑥専門家の相談

・・・痛みやかゆみが長期間続く場合、大きな炎症や感染の可能性があるため、皮膚科の医師に相談することが重要です。

適切な診断を行い、必要な治療法を提案してくれるでしょう。

おしりのニキビが治らない?皮膚科医が教える治し方は?

 

おしりのニキビが治らない場合、皮膚科医がおすすめする治し方は以下の通りです。

専門家のアドバイスを受けることで、適切な治療法を見つけることができます。

(皮膚科の教える治療法は?)

①専門家の診断

・・・まず最初に、皮膚科医に相談しましょう。

専門家はニキビの状態を評価し、正確な診断を行うことができます。

自己診断や自己処理ではなく、正確な情報を得るために専門家の意見を求めてください。

②個別の治療計画

・・・皮膚科医はおしりのニキビの種類や原因に応じて、適切な治療計画を提案してくれるでしょう。

これには、特定の薬剤や治療法(抗生物質、トピカル薬、レーザー治療など)が含まれる場合があります。

③処方薬の使用

・・・皮膚科医が適切と判断した場合、処方薬を使用することがあります。

これには外用薬や内服薬が含まれる可能性があります。処方薬は専門家の指示に従って正しく使用してください。

④スキンケアの調整

・・・皮膚科医は適切なスキンケアルーチンをアドバイスしてくれます。

適切な洗浄方法や保湿剤の選び方などが含まれます。

ただし、過度なケアは炎症を悪化させる可能性があるため、医師の指示に従って行ってください。

⑤食事や生活習慣の見直し

・・・皮膚の健康には食事や生活習慣も影響を与えます。

皮膚科医は食事や生活習慣の見直しを提案することがあります。

⑥定期的なフォローアップ

・・・皮膚科医の指示に従い、定期的なフォローアップを受けることが大切です。

症状の進行や治療効果を確認し、必要に応じて治療計画を調整することができます。

まとめ

おしりのニキビや跡は、市販薬で治れば問題はありません。

しかし、治らない場合は皮膚科の医師の診察を受けることをおすすめします。

おしりの皮膚のトラブルは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、皮膚科の診察を受けることで、効果的な治療方法や薬の処方が受けられると思います。