探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

香典返しは四十九日の忌明け後に贈る?お礼の挨拶文の文例は?

f:id:mikasako176:20211004071742j:plain

「香典返し」は、本来お通夜や葬儀にお供えいただいた香典に対するお返しで、お礼の挨拶文とともに品物を贈ります。

同じようにお渡しする「引き出物」は、お供えいただいた品物に対するお返しになります。

お返しとしては同じでも、意味としては違うのですね。

ただし、現実には、この二つを使い分けしないことが多いようです。

そこで今回は、香典返しについてお渡しする時期と、同封するお礼の挨拶文の文例をご紹介します。

どんな内容の挨拶文を書いたら良いのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

香典返しを渡すのは四十九日の忌明け?それとも当日?

 

f:id:mikasako176:20211004071831j:plain

香典返しは、いただいた香典に対するお返しなので、北海道・東北・関東などの地方によっては、お通夜・葬儀当日に渡す「当日返し」が主流となっています。

当日返しの場合は、セット物の品物(高価ではない)でお礼状を添えて、受付時に渡すことが多いです。

また、四十九日の法要のときに出席者に渡すことや、忌明けに法要に出席していない方に贈ることもあります。

渡すタイミングについては、それぞれの地域の慣習に倣った方が良いでしょう。

葬儀屋さんに確認して、どの時期に贈るか決めましょう。

 

香典返しを四十九日の法要で渡す時に準備することは?

 

f:id:mikasako176:20211004071904j:plain

香典返しの金額相場は、いただいた香典の半額程度が目安で、3,000円~5,000円の品物をお返しするのが多いです。

四十九日の法要でお渡しするときも、法要に出席していない方に、忌明け後に宅配などで贈る場合も同じです。

香典返しは、不祝儀は後に残さないという意味も兼ねているので、形として後に残らないようにお菓子、お茶、調味料、飲み物、洗剤、シイタケなどを選ぶのが一般的です。

そして、香典返しの中には、四十九日の法要が無事終わったことへのお礼を兼ねた、挨拶文を添えます。

 

香典返しの挨拶文の文例を教えて?

 

f:id:mikasako176:20211004071932j:plain

香典返しの挨拶文は定型的ですが、一般的な文例をご紹介します。

特に相手に伝えたいことがある場合は、別途手紙を添えると良いですよ。

(四十九日法要に出席した方への挨拶文例)

①謹啓・・・頭語

②先般 父○○儀 永眠の際にはご多忙中にもかかわらずご鄭重なるご芳志を賜り誠に有難く御礼申し上げます・・・葬儀のときの香典のお礼

③おかげをもちまして○月○日に四十九日の法要を滞りなく相営むことができました・・・法要が済んだお礼

④本来であれば拝眉の上御礼申し上げるべきところですが略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます・・・略儀の挨拶

⑤つきましてはささやかではございますが供養のしるしに心ばかりの品をお贈りいたしますので何卒お納めください・・・品物を贈る言葉

⑥敬白・・・頭語を使用したときは、結語を使用します。統一した方が良いです。

四十九日法要に出席しなかった方への挨拶文も、同じ内容で意味が通じると思います。

出席しなかった方へ香典返しを送るタイミングは、四十九日の法要からあまり遅くなると失礼になります。

なるべく早く、1週間以内には送るようにしましょう。