探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

インフルエンザ看病での注意点は?予防するには?感染したらどうする?

f:id:mikasako176:20211006055822j:plain

インフルエンザは一般の風邪とは異なり、インフルエンザウイルスによる気道感染症で、高熱、強い咳、頭痛、関節痛、倦怠感などの症状がみられ、合併症として気管支炎、肺炎などを起こし、場合によっては死亡する可能性のある怖い病気です。

そのインフルエンザに家族が感染した場合、家族のうち誰かが看病することになりますが、看病においての注意点や、予防のためにすること、もし感染した場合どうするのかについて解説します。

 

 

インフルエンザの看病で、注意するポイントは?

 

f:id:mikasako176:20211006055848j:plain

インフルエンザは、次の二つの経路で感染することが分かっています。

飛沫感染・・・インフルエンザに感染している人の咳、くしゃみなどにより、ウイルスが周りに飛散します。そのウイルスを他人が口や鼻から吸い込むことで感染します。

接触感染・・・インフルエンザに感染している人が、手を洗わない、または消毒しないまま触った場所や物を他の人が触って、その手で自分の口や鼻を触ることで感染します。

(インフルエンザの看病 注意ポイント)

・看病する人を決める・・・感染者がウイルスを排出するのは、発症後3~7日間と言われています。その間は、決まった人が看病し、他の家族にうつらないよう注意します。

・感染者専用の部屋にする・・・できれば感染者の部屋を専用にして、看病人の他は入らないようにします。

・家族全員マスクをする・・・感染者に限らず、他の家族も使い捨てマスクを着用します。

・こまめに手を洗う・・・感染者と家族ともに、こまめに手を洗います。また消毒もこまめに行いましょう。

・感染者が触れたものは消毒する・・・感染者の分泌物、排泄物がドアノブや手すり、椅子、テーブルなどに付いたときは、ゴム手袋を使用して消毒してください。

・感染者の使用したものは捨てる・・・ティッシュやマスクはビニール袋に入れて、しっかり縛ってゴミ出しに出します。

・感染者専用のタオルにする・・・感染者専用のタオルにして、他の人は触らない、

・体調に注意する・・・家族も感染している恐れがあるので、1週間くらいは自分の体調に気を付けて、他人となるべく接触しないようにします・

・換気をする・・・部屋はあまり乾燥しないように湿度50~60%にして、1時間に1回は部屋の換気をしてください。

 

インフルエンザの予防のためにすることは?

 

f:id:mikasako176:20211006055922j:plain

・予防注射を打つ・・・インフルエンザの予接種の時期になったら、ワクチンを接種するようにします、

・他人との距離をあける・・・ウイルスの飛沫距離は約1m~2mなので、必要以上に他人に近づくことや、密になることのないよう気を付けてください。

・日頃の健康管理をする・・・日常的に栄養と睡眠は十分取るようにして、抵抗力をアップします。

・外出には注意する・・・むやみに外出しないようにして、外出時にはなるべく人込みを避けます。マスクは着用して、外出から帰ったら必ず手洗いをしてください。

 

インフルエンザの看病中に感染した場合はどうするの?

 

f:id:mikasako176:20211006055951j:plain

インフルエンザの看病で自分も感染してしまうことは、十分あり得ます。

・他の家族への感染を防ぐ・・・同居している他の家族にうつさないように、なるべく離れて生活するようにします。

・休養をとる・・・インフルエンザにかかったら、熱が下がっても2~3日は感染する恐れがあります。学校や会社は出来るだけ休暇を取り、静養に努めましょう。

・高齢者や幼児との接触を避ける・・・体力の弱い人には近づかないようにしましょう。

・病院で診察を受ける・・・当然ですが、病院で診察を受けましょう。現在は、インフルエンザ(コロナも含む)患者と一般の患者を部屋やスペースで分けていることが多いです。