探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

尾道千光寺へ行くなら無料駐車場を利用するかロープウェイで楽しもう!

尾道は、広島県の中でも瀬戸内海に面する人口約12万7千人の都市ですが、「坂の街」「文学の街」「映画の街」として知られる人気の観光スポットです。

地形的には北側の山と南側の海に挟まれて平地が少ないため、住宅地や神社仏閣が山肌に密集しており、道路も急傾斜や狭隘のところが多いので、他の都市とは異なる独特の雰囲気を持っています。

そして尾道観光なら一番のおすすめが、尾道駅のそばにある千光寺です。

千光寺山にある寺院ですが、境内から見える尾道水道や瀬戸内海の島々の景観はちょっと他では味わえません。

その千光寺へのアクセスと観光情報をご紹介します。

【目次】

 

千光寺へのアクセス時間はどのくらい?

 

千光寺は千光寺山(標高約144m)の山頂から中腹にかけての「千光寺公園」内にあります。

JR山陽本線尾道駅」から千光寺へ行くには、主に次の方法があります。

尾道駅→千光寺(徒歩合計20分)

標高差が千光寺で約90m、公園展望台で130mほどあります。

距離は約1.1kmですが、途中から急こう配で狭い道路を10分から15分歩きます。

体力に自信のある方は、徒歩で行くのもありです。

ただし、時間がかかっても楽に千光寺へ行きたい方は、往復または片道でもロープウェイを使用すると良いです。

尾道駅千光寺公園駐車場→千光寺(車+徒歩合計15~20分)

尾道駅から千光寺公園駐車場まで車で約10分、駐車場から千光寺までは徒歩5~10分です。

尾道駅→ロープウェイ山麓駅→山頂駅→千光寺(徒歩+ロープウェイ約13分)

尾道駅からロープウェイ山麓駅付近のバス停までバスで5分、バス停から山麓駅まで徒歩1分、ロープウェイ3分、山頂駅から千光寺まで約4分で合計13分です。

ただしバスとロープウェイの待ち時間を含んでいません。

尾道駅→ロープウェイ山麓駅→山頂駅→千光寺(徒歩+ロープウェイ約20分)

尾道駅からロープウェイ山麓駅まで徒歩13分、ロープウェイ3分、山頂駅から千光寺まで約4分で合計22分ですが、ロープウェイの待ち時間を入れてないので、実際は待ち時間がプラスになります。待ち時間が5分ある場合は、合計27分になります。

尾道駅→ロープウェイ山麓駅付近駐車場→山頂駅→千光寺(車+ロープウェイ+徒歩合計21分)

尾道駅からロープウェイ駅付近の駐車場まで車で4分、駐車場からロープウェイ駅まで徒歩5分、ロープウェイ3分、山頂駅から千光寺まで徒歩4分で合計約16分です。

ロープウェイ待ち時間を5分とすると合計21分です。

 

千光寺まではどの方法を選ぶ?おすすめは?

 

前項でご紹介した千光寺までのアクセスは、いずれも約20分なので、時間はそれほど変わりありません。

アクセス方法は徒歩、車、ロープウェイの3つ

①往復徒歩・・・駅から千光寺まで直接行くので、駐車場料金やロープウェイの料金・運行時間を考えなくても良いです。体力があり、ロープウェイに乗らなくても良いという方におすすめです。

②車で行く・・・車を利用する場合は、千光寺公園駐車場へ直接行く方法です。

ロープウェイに乗らなくても良いけど、近くまで車で行きたいと思う方におすすめです。

ただし、途中の道は細いのと急勾配なので、結構大変です。

また、千光寺公園駐車場は営業時間外であれば無料で駐車することができます。

③車とロープウェイ・・・往復をロープウェイで行きたい方で、車を利用する方におすすめです。

日中に時間に関係なく駐車料金やロープウェイ料金がかかっても平気という方におすすめです。

これらの中から自分に合っているアクセスする方法を検討してはいかがでしょうか。

ロープウェイ駅までは、バスで行く方法もあります。

私自身は、千光寺へ行ったときには、駅からロープウェイ駅までバスに乗って行き、千光寺まで往復ロープウェイで行きました。

当時は展望台に喫茶店(2020年に閉店)もあり、日中にビールも飲めたし、景色も最高でしたよ。

 

千光寺へ行くための駐車場情報は?

 

しまなみ海道

千光寺駐車場情報

・駐車台数:(常設)普通車70台(臨時)普通車320台バス20台・・・行楽シーズンは満車となることがあります。

・駐車料金:(1日)普通車600円 マイクロ1、500円 大型2,000円・・・営業時間外はスペースがある場合無料で駐車することができます。

・営業時間:8:30~17:30(変動の可能性あり)

ロープウェイ山麓駅付近の駐車場情報

山麓駅付近には徒歩5分圏内に有料駐車場がありますが、小規模な駐車場が多いです。

営業時間は24時間営業で1時間当たり210円以上などがありますが、商店街や施設の供用など多目的な駐車場なので何時でも空いているとは限りません。

週末などに利用する場合は、早めに来て駐車場を確保することをおすすめします。

または、駅周辺などの大型駐車場を利用して、ロープウェイ駅へはバスや徒歩で行く方法も良い時もあります。

いずれにしても、尾道駅からロープウェイ駅までは、約1kmなので選択肢は色々あります。

 

千光寺公園の観光スポットは?

 

文学のこみち

千光寺公園

営業時間:24時間入園可能 無休

園内に尾道市立美術館、文学のみちなど、散策好きの方にはおすすめの公園です。

頂上付近には2022年3月にリニューアルした展望台がお目見え、瀬戸内を360度見渡せるとして話題になっています。

鼓岩

千光寺

拝観時間:9:00~17:00

千光寺公園を巡るように鐘楼、くさり山、玉の岩、鏡岩、鼓岩、梵字岩、本堂、大師堂、三十三観音堂などの観光スポットがあり楽しいですよ。

本堂や境内から見える風景は絶景です。

くさり山